保育士になるなら求人サイトを利用して待遇のいい職場を見つけよう

レディ
  1. ホーム
  2. 小さな子たちと楽しく仕事

小さな子たちと楽しく仕事

保育士と赤ん坊

子どもと一緒に成長できる

少子化が叫ばれる現在ですが、保育施設の数は不足しており、当然ながらそこで働く保育士の数も足りていない状況です。そのため、保育現場で働くスタッフを募る求人は数多く、採用を目指す人にとってはチャンスといえるのではないでしょうか。保育士として採用されるために必要なスキルとして一番に挙げられるのは保育士資格でしょう。必須とも言える資格ですが、他にも子どもに関わる資格を保有していると望ましいといえます。採用される確率が高まるだけでなく、手当てがついたり、基本給がアップすることも少なくないからです。ベビーシッターやチャイルドマインダー、最近では英語教育に力を入れているところも多く、英検やTOEIC、留学経験がある人を採用したいと考える園も増えています。実際の保育士の仕事内容は、子どもと触れ合う保育の時間、子どもたちの状態記録、カリキュラムの作成、また親との連絡をとる事務の時間に分けられます。保育の時間といっても子どもたちと遊んだり歌うだけでなく、食育指導や、お散歩など、その内容は多岐に渡るでしょう。保育園にはそれぞれに方針や特色があり、これらにそってお遊戯の内容を考えたり、イベントを組む必要があります。そうしたことも保育士の仕事のひとつです。事務や企画などさまざまな仕事はありますが、やはり保育士の仕事の醍醐味は子供とのふれあいです。子どもが好き、成長していく様子を見たい、子どもたちをサポートしたいという思いを持っている人にはピッタリの仕事だといえるでしょう。