保育士になるなら求人サイトを利用して待遇のいい職場を見つけよう

レディ
  1. ホーム
  2. 高まる保育ニーズ

高まる保育ニーズ

保育士

さまざまな場所で活躍

保育士の働く場所といえばすぐに思い浮かぶのが保育園ですが、近年ではそれ以外の施設からも数多く求人が寄せられるようになっています。また、保育園自体も施設の様態によってさまざまな特徴を持っています。保育園には、公立と私立の2種類があります。公立の場合は市区町村が運営主体となり、勤務する保育士は公務員となります。そのため、経営が安定しており、勤務条件がしっかりしているというメリットがあります。一方の私立保育園は、社会福祉法人や株式会社などが運営しています。早朝保育、夜間保育など、民間ならではの創意工夫による柔軟な経営が特徴です。認可外保育園の場合は人員配置などの基準がないため、少人数で運営しているところは業務量の負担が大きい場合があります。ただ、パートタイムの保育士に対する求人も多いため、勤務時間の融通が利きやすいというメリットがあります。自らの育児と両立させながら働きたい人たちの間では高い評価を得ています。この私立保育園のバリエーションとも言えるのが、事業所内保育事業です。これはオフィスや工場、病院、大学などの施設に保育スペースを設け、そこで働く人やそこに通う人たちの子供の世話をするというものです。求人はそれぞれの施設が行う場合と、運営受託会社が行う場合とがあります。また、派遣会社から保育士有資格者への求人が寄せられることもあります。主な派遣先は歯科医院や小児科医院の待合室、各種イベントの託児所などで、比較的短期の雇用を繰り返すのが特徴となっています。