保育士になるなら求人サイトを利用して待遇のいい職場を見つけよう

保育士
保育士

高まる保育ニーズ

保育に関するニーズは社会全体で高く、保育士の活躍場所も広がっています。代表的な職場と言えば公立及び私立の保育園ですが、企業や大学などに設けられた保育所で働くケースもあります。また、派遣会社から求人が寄せられることもあります。

先生と生徒

注目のアルバイトです

大学生だけでなく社会人の間でも人気がある塾アルバイト。他のアルバイトに比べて体力的な負荷が少なく、時給が高いことが支持を集めています。また塾アルバイトを経験することで、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が身につきます。

病院施設の保育園

保育園

勤務しやすい環境

保育士として就職や転職を考えたとき、最近は保育士の求人に特化した求人サイトも増え、それを利用することで、より希望に近い職場を探すことができます。求人サイトに登録することで、自分では探し得ない、さまざまな情報を紹介してくれたり、面接や条件の交渉を行ってくれたり、というメリットもあります。保育士求人サイトで、人気の職場のひとつが院内保育です。院内保育とは、病院など医療機関の敷地内や隣接する場所にある保育園での勤務です。認定外保育で、医療機関の医師や看護婦の子どもを預かることになります。院内保育士の仕事の特徴は、異年齢児保育を行うということです。一般的に、保育園や幼稚園は、年齢別にクラス分けされますが、院内保育の場合は登園してくる子どもの数が日によって異なるため、クラス運営がありません。クラス運営がないことで、運動会や発表会などの大きな行事もない、ということが院内保育士のメリットといえます。また、夜勤はあるものの、小規模でシフト勤務であることが多いこともメリットです。このような面が一般的な保育園と比べて、体力的、精神的に楽な面があるので、保育士として復帰したい、という人にも向いています。院内保育士のやりがいは、子どもを預ける医師や看護師のサポートとなる点です。また、預かる子どもの年齢が異なることから、一人一人の発達に合わせた保育を行う必要がある点です。施設の条件の中で工夫して保育していく能力も必要です。院内保育はこのような特徴があり、求人サイトでも注目される職場となっています。

小さな子たちと楽しく仕事

保育士と赤ん坊

保育施設が不足している現在、保育士の求人は非常に多くなっています。保育士として仕事をしたいと考えるなら、様々な資格を持っているとより就職に有利になるでしょう。採用された後は、保育だけでなく事務や園の運営にも携わっていくことになります。